クリニックの開業をより成功させる為に重要なこと

クリニックの開業という言葉から一般の人が連想するのは「お金持ち」です。理由は簡単で世間的にはお医者さんはお金もだからです。実際に高級外車などに乗っている人に多い職業は医療関連の人たちです。しかし、世の中に絶対はありません。クリニックを開業しても成功するとは限らないのが真実です。なぜなら答えは簡単でお金は天から降ってくるものではないからです。お金は患者さまが持ってきてくれるものです。つまりクリニックを成功するかどうかは医師の力量にかかっているのです。これを肝に銘じていなければどんなに診察に腕がよい医師でも成功することはありません。力量とは経営能力にほかなりません。大学病院や規模の大きな病院では医師は診察能力だけを求められます。しかし、開業となりますとそれだけでは済みません。その覚悟に気づくことが最も大切です。

無駄な費用をかけないことが大切です

勤務医の場合は仕事に使用する消耗品や機械類の購入に関しては心配する必要はありません。事務部門がすべて対応してくれるからです。もし売上げや病院の規模に対して過大な投資と判断されたなら購入を見合わせることさえあります。そうしたことはすべて専門の人が考え判断してくれるのは勤務医の立場です。しかし、開業した医師はそうしたことも自分で考え判断する必要があります。そして判断を間違えてしまいますと廃業につながることもあります。それほど診察以外のことで神経をすり減らすのが開業医の宿命です。立派な経営者の感覚が必要です。経営者の感覚を外部に丸投げする人もたまにいます。いわゆるコンサルタントの人に面倒な経営に関することをすべて任せるやり方です。しかし、それは間違った対応です。コンサルタントの人が考えるのはクリニックのことではなく「いかにして自分たちの売り上げを上げるか」でしかありません。

患者さんを惹きつけるものが必要です

どんなに有名な企業でもお客様が来なくなると倒産します。それはクリニックでも同じです。クリニックにやってくるのはお客様ではなく患者さまですが、同じです。これはつまり、患者さまに対してお客様のような発想で対応することの重要性と教えてくれています。不特定多数のお客様を相手にする業種としては小売業や飲食業がありますが、これらの業界の難しさはまさにこの点に尽きます。ですから、こうした業界の企業は常にお客様がなにを求めているかを常に考えています。同じようにクリニックも患者さまを増やすには患者さまが求めていることを考えることが必要です。それなくしてクリニックの成功はありません。患者さまが求めていることを知るのに最も大切なことは患者さまのお話を聞くことです。極端なことを言うなら医者は病気を治すのではなく患者さまの気持ちを受け止めるのが仕事と考えるくらいがちょうどよいのです。