クリニックの開業の際に必要なこと

クリニックを開業する際に必要になるのは何と言ってもお金です。特に一般的な企業であればそこまで大きなお金は必要無いもののクリニックとなると日常の業務、つまり治療のためにさまざまな設備が必要になります。例えばデンタルクリニックを開業する場合に必要になる歯科治療のためのユニットとなると1台で300万円、2人の治療に対応できるようにするにはユニットだけで600万円も必要です。そうした治療器具に加えてレントゲン設備も500~1000万円ほど、滅菌機やエアーコンプレッサーといった機材を導入していくとさらに高額な費用が必要になります。もちろん医師の技術なども当然必要なものとなりますが、実際のところ開業するだけであれば免許さえあればどうとでもなります。それで成功できるかどうかは別問題ですが、少なくともお金に関してはかなり必要になると考えておく必要があるでしょう。

開業したクリニックを維持するために必要なスキルとは

さまざまな費用を用意してクリニックを開業することができたとしても、クリニックを維持していくにはさまざまなスキルが必要になります。治療技術に関しては当然必要なものになりますし、何よりクリニックをマネジメントする力も必要です。クリニックへの収入はいくらあり、どれくらいの支出があるのか、また支出は本当に必要なものなのか、どこに重点的に予算を割くべきかといったことを考えるにはかなり高いマネジメント力が必要ですから、治療技術だけが優れていても金銭管理が雑であればすぐにそこは潰れるでしょう。また院長としてクリニックを引っ張っていくのならばそれなりの人徳やカリスマ性も必要になっていますし、コミュニケーション力も必要です。こうしたスキルが全て揃ってこそ開業したクリニックを維持して行けるわけですから、ただの医師ではなく「院長先生」として成長することを目標にしましょう。

周りの人の協力も重要な要素になる

クリニック開業の際によく見落とされてしまうのが「自分以外の人の協力」という部分です。これは何も見知らぬ人からお金を借りようなどのことではなく、もっとシンプルな家族の理解などの部分です。例えば既に結婚している人が勤務医という職を辞して自分のクリニックを開業するとすれば、やはり相応のリスクがあります。開業したクリニックが潰れてしまえば勤務医時代の生活を維持することはできなくなりますし、そうしたリスクを考えれば現状維持の方が良いという意見も当然出てくるでしょう。そうした意見を無視してクリニックの開業を強行しても、満足できる生活は実現できません。「結果で納得させる」ということが出来ればそれも良いのですが、未来の保証は誰にも出来ないのですからしっかりと周りの人の協力も得るように心がけてください。